2015/08/23

秋のM3についての御報せ

残暑お見舞い申し上げます。
皆さんお変わりはないでしょうか。
ブログを書くのがいつも御無沙汰でお恥ずかしいです。

さて、本題ですが、秋のM3に於きまして、幼蚕文庫の新譜はございません。作る予定でいたのですが、私の事情で如何しても形に出来ず、無理矢理に間に合わせるよりきちんと煮詰めて完成させたいと思い判断致しました。折角場所を戴いているのに、申し訳ありません。烏滸がましいことだとは思いましたが、もしも当日、幼蚕文庫を新譜お買い物リストに入れてくださる御予定の方がいらっしゃいましたら、御報せは早い方が良いと思い記事を書かせて戴きました。

当日は旧譜を中心に机上に並べることになるかと存じます。時期が迫る頃にまた改めて御報せをさせてくださいませ。宜しくお願い致します。

今年の夏も終わりますね。何だか色々なことを考えたような気がするし、もう何年も考え過ぎを繰り返しているような気も致します。ただ等しく夏は終わるようです。わたしが後生大事に抱えている人様への思慕も歌も、わたしが終わればまるごと一緒に終わるのかと思うと少し寂しく思います。しかし秋のことを具体的に考え始めると、御洋服や食べ物など、矢張り何かしら楽しみがあるものです。いつもわたしやわたしの音楽に優しくしてくださる皆さんが、大切な方達と御一緒によい時間を過ごされますように。
posted by 浮森かや子 at 22:45 | Comment (0)  | 御報せ

2015/04/17

【M3新譜】Spiel Quartet~白黒lazuli*~

皆さん今晩は。今日は帰り道に蝉の鳴き声を聴いたような気が致します。さすがにまだ早いかなと思いつつ、自分が蝉の鳴き声を聴き違えるとは考え難いとも思いつつ。朝晩は冷え込む日が続いて冬の外套をなかなか仕舞えませんが、季節はどんどん移り変わりますね。今年は、桜の花と目を合わせることが出来なかった気がするのです。人生の中で桜を見る回数なんて限られているのに、勿体無いことをしてしまいました。わたしは大馬鹿者だなあ。

さて、春の一大イベントM3が愈々目前です!今回は幼蚕文庫での参加は致しませんと以前から御案内しておりましたが、過日の四月一日に、白黒ヰズムとlazuli*さんの合同企画、白黒lazul*でのM3参加、そして新譜情報を発表致しました。

Spiel Quartet

作品は三曲組みで、レマノルドさん、かぼちゃさんが楽曲を手掛けていらっしゃいます。二人乃至四人での歌唱の楽曲は何れも掛け合いや輪唱やハモりが一杯で、色とりどりのメロディがくるくる切り替わるのを眺めるようで、最初から最後の一音まで楽しい仕上がりです。

1曲目の『Ring Carnation』、完成した楽曲を聴かせて戴いた時にわたしの頭を占めた心像は只管にモラトリアムでした。アップテンポで明るく爽やかな印象の楽曲なのに、所々に夏休みの終わりのような清々しい切なさが紛れ込んでいて、少年期の終わりの向こう側が薄らぼんやり透けて、不安や寂しさが胸をかすめるような。そして其れを振り払うように駆け抜けるラストの爽快感が堪らなく好きなのです。

2曲目の『Melancholic Marble』は、キラキラした音色が跳ねて踊る、女の子らしさ可愛らしさが一杯に詰め込まれた楽曲です。瞼の裏で、明るい色彩ばかりがプリズムや炭酸の泡みたいに弾けて、晴れた日のお昼寝みたいに幸せになれます。ほんのちょっとだけレトロな雰囲気が甘くて温かくて、古き良きアイドルソングのよう。

3曲目の『Countdown Joker』は、ジャズロックの軽快なリズムの儘に楽曲が頭に直接ざくざくっと刺さるようで、其れが気持ち良くて聴き始めると止まりません。搔き鳴らされるようなアレンジの中で、猫の足みたいなピアノの音色にハッとして思わず目を奪われます。目と耳を奪われて気がついたらラストで、もう一度奪われたくなりまた再生してしまうのです。


黒崎さんの愛情とこだわりが詰め込まれた動画が此方!

イラストは黒崎キリトさんと千明ミサさんが手掛けてくださいました!どの子も瞳がとても良いのです。是非、じっと見詰めて戴ければと思います。彼らと目が合った瞬間に、どきっとしちゃうと思うのです。ジャケットデザインがこれまた素敵で!ケースを開けたら嬉しくなってしまうような幸せな仕様です。そしてわたしは制服のデザインにめろめろ。

御一緒させて戴いたのはわたしがずっとずっと尊敬している皆さん。來香さんの御声は初夏の木陰に吹くひんやり優しい風のようで、笑兵衛さんの御声は太陽をいっぱいに浴びて育った瑞々しい果実のよう。黒崎さんの御声はナイフみたいに滑らかに艶めいて、甘くて渋みのある余韻を残すところが大好き。皆さんの表現豊かな御声の響き合いを楽しんで戴けましたらと思います。

特設サイトではボイスドラマやサンプルボイスも聴いて戴けます!キャラクターを味わって戴くことでより楽しんで戴けるCDだと思いますので、是非とも先ずは特設サイトを覗いて戴けますと幸いです(*μvμ)御学友気分で(或いは先輩・後輩でも)、オルガ君や瑠璃君、翡翠ちゃんオペラちゃんに会いにいらしてくださいね**
posted by 浮森かや子 at 01:03 | Comment (2)  | 御報せ

2014/12/29

二〇一四年然様なら。

皆さん、師走のこのごろ如何お過ごしでしょうか。

このところわたしの関心を奪ってやまないニュースはバター不足とエボラ出血熱と憲法9条、そしてインフルエンザの動向です。インフルエンザは罹るだけで苦しいものですが、年始にはライブもありますし、確りと予防に努める所存です。昨年は大晦日の夜まで作曲をしていて何とか完成し、安心の所為か元旦早々に風邪をひいた苦い思い出があるので、内心びくびくしております。

今年も色々なことがありましたが、考えてみれば、春に喉を痛めてしまったことについてはきちんと振り返っていなかったと思います。あのとき、診断を受けてショックは其れなりに大きかったけれど、周りに迷惑が掛かるので無理のない範囲で普段通りに生活をするつもりでいたら、自分よりも周りの方が余程心配してくれて、一瞬反応が返せないくらい驚きました。御医者様の仰る通りに休んだ方が良いと沢山の方に諭されて、驚きと共に、自分の喉に対する意識も変わりました。もともと喉には過剰なくらい気を遣う方だけれど、其れでも痛めてしまった時は、休まなければ一番大事なものを失くしてしまうかもしれないんだと改めて気づかされたように思います。

その後のM3やライブでは、皆さん喉を心配してくださって蜂蜜の差し入れを沢山戴きました。大好きな蜂蜜が、もっともっと大好きになってしまった出来事でした(*´`*)

実は、御心配をお掛けするだけと思い誰かに云ったりはしなかったのですが、痛みや酷いかさつきは治まったものの、あれから喉の違和感はなかなか消えなくて、今も以前のようには声が出ない状態が続いています。ただ最近はそんな違和感との付き合い方にも段々慣れてきたところがありまして。秋に一週間ほど東京に滞在したのですが、その時にふっと喉が軽くなっている久々な感覚があって自分でおやっと思いました。きっと快方に向かっているのだと思います。

そんなふんわりした状態でしたので、秋のM3では「もう喉は大丈夫ですか?」と聞いてくださった皆さんに、歯切れの悪い御返事ばかりしてしまってごめんなさい;;完全ではないですが、でも随分良いです。

春M3で戴いた御手紙の中に、「もしも療養の為に活動休止されたとしても絶対がっかりしません。待っています。」という内容のものがあって…こんな綿でくるまれるような優しい御気持ちに何をお返しできるんだろうと思いました。今のところ喉は大丈夫ですし、わたしは歌をうたうことが生き甲斐なので御休みの予定はありませんが、でも、何だろう、何でしょう。自分はどなたかを元気にする為だとか、世界平和の為に歌うのではなく、ただただ歌いたいという純然たる私欲の為に歌っております。其れは今後も多分変わらないし変わるべきではないとも思うのですが、歌とは別の、わたしの言動や立ち位置としては、優しくしてくださる皆さんには何時でも誠実に向き合いたい、と思うのです。のでございます。

2015年、皆さんの前で最初に歌わせて戴けるのは1月17日(土)に開催される、Hollow Mellowさんのワンマンライブの舞台です。わたしも日々密やかに練習に励んでおります。ライブはまだまだ慣れませんが、皆さんに絶対に楽しんで貰いたいので、頑張ります。特別チケットは完売してしまったようなのですが、まだ前売りや御予約があるそうですので、宜しければチェックしてみてくださいませね。

http://cinema-fantasia.wix.com/cinemafantasia

ではでは、今年も有り難うございました。歌をうたい、御芝居をして、其れを聴いてくださる方がいらっしゃるということは途方もなく幸せなことです。色々なことがありますが、皆さんに御耳を傾けて戴けるわたしは間違いなく果報者です。有り難うございます。どうぞ皆さんよい御歳をお迎えくださいませ。
posted by 浮森かや子 at 02:43 | Comment (0)  | 日記